脱毛器で永久脱毛はできるのか?!

家庭用脱毛器で永久脱毛ができるのか?

 エステサロンの脱毛のほとんどが、IPL光脱毛方式で脱毛を行っています。最近売り出されている家庭用脱毛器の人気機種も、同じ、光脱毛で脱毛ができるので、性能はほとんど同じです。

 

家庭用脱毛器

ところで、気になる「永久脱毛」がこの、光脱毛方式で可能なのか?ということです。

 

特に脱毛方法については、医療クリニックが行うレーザー脱毛や、ほかに美容電気脱毛という永久脱毛ができる方法もあります。いったい、どれを選んだらいいのでしょうか・・・・?

 

光脱毛のほかの脱毛方法

  • レーザー脱毛・・・IPL光脱毛よりも強い光線で行うので、脱毛効果が高いですが、痛みが伴います。
  • 美容電気脱毛・・ムダ毛の1本ずつの毛根に光をあて、ピンセットで1本ずつ抜くので痛みもあり、時間もかかります。

レーザー脱毛についてですが、日本でも高い人気を博しました。とはいえ仕上がりがキレイな半面、敏感肌や乾燥肌の人は肌荒れを起こしやすく、2週間もすればまた毛が生えてきます。
脱毛の元祖といえば、1875年にアメリカで生まれた「ニードル脱毛」。1本1本の毛穴に針をあてて電気を流すその方法は、1970年になってやっと日本に上陸しました。
「永久脱毛」の代名詞で、世間一般に徐々に「脱毛」が普及し始めたのもこの頃です。

 

しかし、これは痛みが強く、手間も時間もかかるため、現在、多くのエステサロンやクリニック、家庭用脱毛器で採用されているのは、「レーザー脱毛」と痛みがほとんどない「フラッシュ脱毛」になってきました。

 

カミソリか毛抜きかの選択肢しかなかった時代から、いまではさまざまな脱毛法があふれています。
本当に良い脱毛法がどれなのか見極めるためにも、まずはそれぞれの脱毛法について知ることから始めましょう。

 

痛みがなく広範囲に脱毛できる脱毛器

人気の家庭用脱毛器ケノンはどの脱毛器と比較しても永久的に使えて、お得!申込のボタンこちら。

3週間おきに使いムダ毛がはえなくなった人続出!

 

永久脱毛は強烈な痛みあり?!

 

ニードル(針)を1本1本の毛穴にあて、弱い電気か高周波を流して脱毛する。
麻酔は医療行為であり、エステサロンでは行えないため、施術には強い痛みが伴うのです。
確実性は高いが、あまりの痛さに続けられないというケースも少なくないということに・・
施術のサイクル目安は2カ月に1回(両ワキを完全脱毛で1年〜1年半に6回)。
歴史がもっとも古く、十数年前までは永久脱毛の代名詞だった。
「1本1本、確実に処理できる・色素沈着した部分や日焼けをしていても施術可能

IPL光脱毛は?

IPL光脱毛についてですが、厚生労働省が定めるレベル以下であれば医療行為にならず、エステサロンや家庭用機器(「ケノン」など)を中心に最近一気に普及しました。フラッシュ光線という拡散光を照射する最先端技術の脱毛法。

 

原理的にはレーザー脱毛と同じだが、痛みが少なく一度により広範な照射を行うことができる。
IPL(インテンス・パルス・ライト)、プラズマともいわれるが、呼び名が異なるだけでどれも内容は同じ。

 

家庭用脱毛器フラッシュ脱毛の特徴

  • 肌にやさしい
  • レーザー式より広範囲に照射
  • 痛みがほとんどない
  • 美白&毛穴引き締め作用も
  • 産毛にも高い効果を期待

 

家庭用脱毛器で永久脱毛できるか、については、その人の体毛の量や色や生え方などにもよると思います。

 

私の周りではほとんど生えなくなったという人が多いですし、、まる1年生えなかったけど2年目でまた生えるようになった、という人もいます。でも、エステの脱毛を選んだ場合、毛周期に合わせた時期にきちんと脱毛の予約ができるか、が問題だと思いますね!

 

自宅で脱毛した場合は、予約の関係なくいつでもできるので、この辺の問題が完全に解決できます!

 

 

いま一番お得価格!大チャンスの脱毛器

人気の家庭用脱毛器ケノンはどの脱毛器と比較しても永久的に使えて、お得!申込のボタンこちら。

 

ケノンは肌に合わせて、1〜6連射機能や10段階での光の強さの切り替えもできます!医療レーザー脱毛は脱毛の効果が高いと言われているけど、それだけ肌ダメージや痛みもあるので、覚悟も必要。それよりは、自宅で自分の毛周期に合わせ、部位に適したショットで使えば、敏感肌の人でも安心して使えるので、一番理想的です!ケノンはこの機能が充実しているので、本当に買って良かったって思います。

 

⇒脱毛器比較ランキング!